Money, Overseas Life and Technologies from a quant's point of view.

  1. MONEY

アメリカのロボアドを使ってみた①
-序章-

最近流行りのロボットアドバイザー (以下ロボアド) に興味があったので代表的なロボアド業者を3つほど試してみた。

ちなみにロボアドとは、各社独自の最適化ロジックを使って ユーザーのリスク性向に合わせたポートフォリオを 提案・運用するツールのこと。

選んだ業者は以下の3つ。

  1. Betterment
  2. Wealthfront
  3. Schwab Intelligent Portfolio

なぜ上記を選んだかというと、下記比較サイトの評価を見て以下の点からよさそうだと判断したからだ。

Nerdwallet: Best Robo-Advisors: 2017 Top Picks

  • 自動リバランス機能(※1)がある
  • 委託手数料が安い
  • 最低預託金が低い
  • 税金の自動最適化機能(※2)がある

※1:時間が経ってマーケットが変動すると当初決めた最適ポートフォリオ配分から外れていってしまうので、それを自動で調整する機能

※2:リバランス時に含み損のある取引と含み益のある取引を自動でマッチングし、相殺して税金を減らす機能

なお、たまに自動リバランス機能がない業者が存在するが、それだと自分で適宜リバランスしないと当初想定したパフォーマンスが得られない可能性が高いのでお薦めしない。

さて、上記3社全てで実際に口座を開いてみたが、本人確認や入金確認に思ったより手間取り、実際に投資が行われて初期ポートフォリオが構築されるまで最大で3週間程度かかってしまった。

まだ運用開始して間もないのでパフォーマンス比較ができていないという条件付ではあるが、結論から言うと下記の通り。

  • 10万ドル以上預託する余裕があり、人のアドバイザーに相談したい人 ⇨Betterment 
  • 10万ドル以上預託する余裕があり、節税テクノロジーに興味がある人 ⇨Wealthfront
  • とにかく手数料を安くしたい人 ⇨Schwab Intelligent Portfolio (または、Wealthfrontで預託金を1.5万ドル以下に抑える)
  • 結論だけ読みたい人 まとめ

次回以降、個別に1社ずつ解説していく。

To be continued…

MONEYの最近記事

  1. CFA合格体験記 ‐7回中4回落ちてわかった、たった1つの勉強方法‐

  2. ロボアド四半期報告 ‐国際分散投資とは、結局のところ米国株集中投資である‐

  3. アメリカのロボアドトップ10からわかる身もフタもない3つの事実

  4. アメリカに投資拠点を作ろう② -海外口座開設編-

  5. ロボアド終了報告

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP